家庭用脱毛器を使う時の注意点とは

subpage1

エステやクリニックで脱毛をするのはお金がかかる、あるいは予約をなかなか入れられないという理由で、自己処理で脱毛をする人もいます。

自己処理の方法としては、剃刀や毛抜きを使う、クリームやワックスなどの脱毛アイテムを使う以外に、家庭用の脱毛器を使う人も最近では多いようです。この脱毛器は様々な種類がありますが、今はエステやクリニックで処理してもらったのと同じくらい、つるつるになることができる機種もあります。もちろんそれなりの値段はしますが、エステでやってくれる光脱毛が、家庭で、しかも自分の好きな時間にできますので、家にいながらにしてプロ並みの仕上がりを望む人には、特にお勧めです。家庭用脱毛器を使う場合に気をつけたいことは、まず光を直接見ないようにすることです。光を直接見ると、目に大きなダメージを与えますので、サングラスやゴーグルをするようにしましょう。
それから、生え変わりのサイクルである毛周期がありますので、脱毛と脱毛の間は2週間ほど空けるようにします。エステやクリニックの場合は2か月ほど空けますが、家庭用の場合は2週間ほどで十分です。それから脱毛後は肌がほてっていますので、きちんとクールダウンをして、肌荒れしないように、保湿を十分に行うようにしましょう。また当日は運動をしたり、お酒を飲んだりするのは、肌によくありませんので、控えるようにしましょう。
それから処理前と処理後の日焼けにも、気をつけるようにしてください。





【紹介リンク】⇒満足度の高い脱毛サロンが一般的になってきました。

納得の知識

subpage2

ムダ毛の処理をするのが脱毛器になりますが、その種類によって施術場所を選ぶ方法が変わることになります。本当にいろんな脱毛器がありますので、気になっているサロンやクリニック、または家庭用機器も合わせて、その点から選ぶことをおすすめします。...

more

美容関係の情報!

subpage3

専門機関で脱毛を行う場合には、いくつかある種類の中から選ぶ必要がありますが、その種類は大きく分けると3種類に分類することができます。では、それぞれの脱毛機の特徴とはどのようなものなのでしょうか見ていきましょう。...

more

基本知識

subpage4

肌の露出が多くなる季節になると、あわててむだ毛の自己処理をする女性も多いです。安くて手軽なのでカミソリで自己処理をする人もいますが、カミソリは皮膚を削るので皮膚トラブルの原因になることもあります。...

more

基礎知識

subpage5

脱毛することは女性の身だしなみの一つとなっていますが、脱毛サロンやクリニックに行く時間がない、近くにないという場合には家庭用脱毛器を利用することによって綺麗に処理することができます。近年では、家庭用脱毛器でもエステ並みの効果が得られるものも多く販売されています。...

more